インスタ映えするスポットを紹介していきます。

国営ひたち海浜公園のネモフィラへアクセス、トイレ、インスタ映えポイント情報まとめ

一面に青の世界が広がるひたちなか臨海公園

巨大な丘にネモフィラのお花畑が広がり、

空の青と絶妙な景色が広がる。

菜の花畑との組み合わせも絶妙で、

菜の花畑の黄色、ネモフィラの花畑の青、

空の青を同時に撮影できる。

ポイント

広大なネモフィラ花畑を撮るには広角レンズは

必須と言える。

ネモフィラと松を合わせて撮影すると、

松が良いモデルに変化する。

ネモフィラの丘を登っている人は入れるつもりで

撮影しなければならない。

東京から朝一で到着するころには既に大渋滞

撮影しながら丘を1周する時間は3時間弱

 

混雑状況

非常に混雑する。

できれば朝一で撮影して、

昼には切り上げる事を推奨する。

 

撮影時期

撮影日は2018年4月22 日(日)

入場料

大人450円

子供0円(中学生以下)

勝田駅で販売しているバス+入場料はお得

通常バス代400×2円+入場料450円で1250円が

1080円で販売されている。

 

ホームページ

開花情報などはホームページを見ていきましょう

http://hitachikaihin.jp/

 

新宿からの時間・料金

日帰り:可能

時間:約2時間30分

料金:片道4,220 円(往復 8,440円)

電車でアクセスする場合、ひたち・ときわの

特急を使用する。ひたち・ときわを「えきねっとチケットレスサービス」

で予約すると、片道500円ほど節約できる。

朝一で電車で行ったとしてもひたちなか臨海公園に到着するのは9時前になる。

 

アクセス

〒312-0012

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605−4

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。